CASE

驚異的な工作精度を要する「モルタージュ製法」が、際立つ"エッジ"を実現する.

ベントレー車の操作ボタンなどに多用される刻み模様が、B for B でも随所に発見できます。一番に目に付くのがベゼルでしょう。フライングB は文字盤の中に用いられています。

これは特殊な工作機械を用いたモルタージュという方法で製造されており、伝統的な時計の意匠の一つであるコインエッジを作る際に使われる技法の応用です。ベゼルに対して凸型ローラーを押し当ててプレスし、ベゼルを回転させていく。1 周ではなく、2、3 周させてようやくその形が現れ、最終的には10 回転ほど行うことになります。もちろん、回転のたびに刻みパターンがずれてはならず、厳密に刻みが重なり合う必要があります。驚異的な工作精度であり、これを実現するためには、極めて高精度な工作マシンを作ることが、まず先決です。

ベントレー伝統の意匠と卓越した技法が双方のクラフトマンに継承されている。